マンション管理士 合格点予想

マンション管理士 合格点予想 

アガルートアカデミーでは…

まぁ、そうだろうなぁ…。
本当は「38点」と言いたいところを、さすがに39点ということは無さそうなので、
プラスマイナス1点の幅をもたせるために、この点数にした、というところでしょう。

かくいうわたくしの場合、あと1問当たってれば、安全圏内なのだけど、
自信が無かった問題が、かなり当たったうえでの「37点」なので、あくまでボーナス。
合格したら、儲けもの、くらいの気持ちでいるつもり。
 
 
 
標準管理規約は、条文だけでなく、コメントからも出題されてることからも、
出題者の意図として「条文・規約の素読くらいは、当然してますよね?」ということなんだろうし、

不動産登記法にいたっては、市販テキストや過去問を、どう深読みしたところで、
解ける問題では無いだけに、

実務で、知識を得るチャンスが無い受験生にとっては、

他の資格試験のように、「いかに、テキストや過去問に即した勉強するか」
は、当然、ふまえたうえでの、

「テキストに載ってない関連知識を、自力で勉強し、他の受験生と差をつけるか」
という試験なのだと思う。

じゃなきゃ、実務・経験を積んでる人が多い、あの受験生の母体で、
上位 8~9%には入れない。

まぁ、自分としては、一昨年に、初めて受けたときより、しっかり勉強できたし、
わかる問題は自信を持って答えられたので、
良し、としたい。
 
 
試験会場の受験者層は、やはり、俺(40代)より年上も多く、
50人程度の教室に、女性は1人だけ。

行政書士試験のときは、イスに正座して受験してるオバさんがいたけど、

今回のマンション管理士試験では、靴下を脱いで裸足になってる、おっちゃんや、
男子トイレが大行列なので、「漏れちゃう」アピールをして、
ちゃっかり許可をもらって、女子トイレを使ってた爺ちゃんがいた。

受験生の年齢層が上がると、いろいろとドラマがありますな。