不動産登記法のテキストを、揃える

2021年10月10日

以前、買ってあった、
「一刀両断! 債権法・相続法 民法大改正 完全解説 全条文付(旧:平成29年民法大改正 完全解説 全条文付)」  https://amzn.to/3AVyI4e

で、遅ればせながら、民法の改正をフォロー。
 
 
 
並行して、とにかく不動産登記法を、ひととおり目を通すべく、
近所の本屋にて、3冊購入。

「不動産登記法 I 第9版」  https://amzn.to/2YaXxuO
「不動産登記法 II 第9版」  https://amzn.to/39NpQ4L
「オートマ過去問(3) 不動産登記法 I」  https://amzn.to/39MXxmL

 
 
 
これで、近所の本屋に、義理は果たしたので、
あとは、TACの販売サイトで、不動産登記法のテキストを、揃える。

「新・でるトコ一問一答+要点整理 2 不動産登記法 第4版」  https://amzn.to/3kOlC2Z
「みるみるわかる! 不動産登記法 第8版」  https://amzn.to/3APNBVA
「不動産登記法 記述式  第9版」  https://amzn.to/3ig1TYw
「試験に出るひながた集 不動産登記法 第3版」  https://amzn.to/3iiofIW
「試験に出るひながた集 商業登記法 第3版」 https://amzn.to/3kQTTyx
「この男、司法書士。」  https://amzn.to/2XXpSEo

※ amazonにリンクしてありますが、
TACの販売サイト https://bookstore.tac-school.co.jp/book/koza/031/ 
のほうが割引があって、安いので、オススメ。

残りの科目は、オートマシステムの新しい版が出るのに合わせて、ちょっとずつ揃えていく。
 
 
 
大学受験の頃は、良い大学に入って、見栄を張ろうと思ってたし、
資格試験では、社会的なステータスを得よう、と気持ちがあったのだけど、
結果的に、そういう考えは、意味がなかったので、

今後の資格勉強は、スケジュールだけしっかり決めて、
「知識を得ることを楽しむ」というスタンスで、やる。

これだけ分量があると、追い詰められての勉強は、苦行でしかないし、
おっさんともなると、残り時間がもったいないので、イヤイヤ勉強するくらいなら、やらない。

仕事と勉強の時間配分のバランスなども、だいぶ固まっているし、
精神的に安定した状態で、勉強を楽しめるのが、ありがたい。
 
 
不動産登記法は、敷地権のあたりで、区分所有法の知識が、すこし必要で、
“専有部分と土地の分離処分の禁止”など、マンション管理士試験で勉強したことが出てくる。
こういうのも、ちょっとだけ有利なのかな?

民法は、「オートマの第10版」が、10月下旬発売なので、後回しにしたけど、
初学の、不動産登記法や、商業登記法にくらべて、
既知の知識があるだけに、ちょっと楽しみ。

よもや自分が、”民法の勉強が楽しみ”なんて、思う日がくるとは。