資格勉強

受けようと思っていた、経済学検定が、規模縮小・休止
http://www.ere.or.jp/index.php
経営学検定は、CBT形式に変更、
https://www.mqt.jp/20191226_cbt.html
とのこと。

CBT形式は、近くで受験できて便利だけど、
試験当日に、大学まで行って、問題用紙を前にして…という緊張感が薄れる。

今後、受験生の少ない資格・検定は、CBT形式になるのだろうけど、ちょっと、味気ないなぁ。
多くの受験生に囲まれて、試験を受けたり、
大学のキャンパスを歩いたりは、いろいろと刺激を受けるんだけどなぁ。

 
 
マンション管理士試験。
くだんの、問46を解いてみたところ、全肢、正しそうなので、4と回答。

公式発表の正答も、4。

各資格学校は、なぜ「3」にしたのか、深追いはしないものの、
解答速報が出たときに、意見の割れた「問36の肢2」のように、
作問者の出題意図まで察しないといけない反面、

この「問46」のように、深読みしすぎて、
資格学校の講師でも、間違えてしまう問題のレベルなわけで、

「読解力」と「論理的な考え方」が、必要となるのは確か。
 
 
3回受験して、ボーダーラインで合格したわたくしが、
勉強法について、とやかく言うのも、おこがましいですが、

余裕で40問以上取れる、優秀な人はともかく
1~2点たりなくて、落ちてしまう人が大勢いるはずなので、
1つだけ、アドバイスするとすれば、

マンション管理士試験は、過去問を繰り返し読んで、(あくどい)ひっかけ方に慣れておくのは必須として、
条文素読も、ぜひ、やっておきたいところ。

「区分所有法」「マンション標準管理規約」の条文は、当然のことながら、
特に大きいのが、マンション標準管理規約についてる、コメント。

このコメントも、規約と同様、公式なものなので、問題として頻出で、
一度、目を通してるか通してないかで、差がつきやすく、ボーダーラインの境目になるはず。

とはいえ、六法などでひくと、読みにくかったり、載ってなかったりするので、
お勧めは、LECで通信販売している「マンション管理 主要法令集」。
https://www.lec-jp.com/mankan/book/hourei.html ※リンク先は、2019年版です。

勉強するときに必ず手元におき、
たとえば区分所有法で、「別段の定めも可」の部分は、
かたっぱしから、マーカーで色をつけたりして、

日ごろから、ひっかけ部分を意識するようにして、かなり役立ちました。
 
 
「耐震性不足のマンションに係るマンション敷地売却ガイドライン」
あたりの関連条文・ガイドラインも、pdfを手に入れ(できれば印刷して)、素読しておけば安心だけど、
このあたりは、細かく聞かれない可能性も高いので、余裕があれば。

このくらいの難易度の試験になると、条文を一言一句、覚えていないとしても、
すべての根本である条文に、一度は目を通しているという安心感が、
試験直前の、精神安定剤がわりにもなるし、

時間対効果も高いので、余裕があれば、条文素読を、やってみてください。

マンション管理士

あけましておめでとうございます。

今日が、マンション管理士試験の合格発表。
なんとか、合格しておりました。

とにかく、合格ライン次第なので、まず、合格点を確認。
37/50 だったので、ほっと胸をなでおろし、
合格者受験番号に、自分の番号が載っていることを確認。

そして、官報に、自分の名前があるのも確認。

まぁ、受かってしまえば、こっちのもんなので、
なんとか、結果につながって、良かった…。

わたくしは、5問免除をつかったので、影響は無かったですが、
問46が、各資格学校が出した予想正答と違っていたようで、

ボーダーライン上の受験生は、少しドラマがあったもよう。
各資格学校が、こぞって、答えを外すなんて、珍しいね。

なかなか、次のことが考えられなかったけど、
ひと段落したので、次の勉強に本腰を入れたいと思います。

やっと年が明けた気がするなぁ。

未分類

まだ、尿管結石の「石」は出てないとは思うものの、
体調の悪い原因がわかったせいか、だいぶ元気も出てきたので、

本日、つつがなく、経営学検定(初級) 受験完了。

教室は、100人くらい入れるスペースで、
外見が俺より年上なのは、数人ほど。

見た感じ、大学1~2年生ばかりの、フレッシュな雰囲気のなか、
試験を受けてきました。

が、テキスト通読だけして、過去問をやってなかったので
(過去問は、試験委員会から、通販で買う必要あり)
想像より、かなり難しかった…。

教科書を、しっかり読んでいたから、まだ良かったようなものの、
ある程度の検定試験ともなると、一般常識だけで解ける問題は、少ないね…。

試験の途中退出もできたのだけど、
俺が、退出する頃には、教室内の受験生は、20%ほど。

現役大学生だと、あのくらいの難易度でも、へっちゃらなんだろうなぁ…。
 
 
結果は微妙、合格しても、中級を受けるかも微妙ですが
今回は、この記事に触発されて
https://scansnap.fujitsu.com/jp/ambassador/interview/dasmansan.html

教科書を、書籍で読むのでは無く、
ドキュメントスキャナで pdf 化したものを、ipad + apple pencil で通読する、という
自分なりの課題を決めての、受験。

結構、覚えていたので、それほど効果に違いは無さそう。

数年前は、スタイラスペン (ペンの先が、ゴム上で丸いやつ)だったので、
勉強には使えなかったけど、

apple pencilだと、pdfに書き込みもしやすいし、
「Good note 5」というアプリだと、蛍光ペンなんかも引きやすいので、

まだ、書籍での勉強のほうに、分はあるものの、
部分的に、良い勝負になってきた、という感触。

来年も、受けたい資格試験が、かなり有るので、
向いてそうな資格を選んで、ipadでの勉強をしてみるつもり。

日記

どうにも体調が悪く、たまに、右下腹部に、経験したことの無い鈍痛が起きる。

先週、一度、病院に行こうと決心し、風呂にはいったところ、患部を温めたら直ったので、
試験前だし、心配する必要もないかな、と、その日は、病院に行かなかったのだけど、
今週にはいり、再発。

が、背中にカイロを貼って温めて、2時間ほど寝たら、少し良くなったので、
ほっと一息ついて、トイレに行ったら、

なんと、おしっこが、紫色まじり…。
こりゃイカン!と、すぐ病院に行って、見てもらったところ…
 
 
なんと「尿管結石」とのこと。

幸い、見つけたのが早かったので、石が3~4mmと小さいらしく、
手術の話にはならず、自然に出るのを待ちましょう、と、薬をもらって、帰ってきました。

家の近くに大きな病院があり、平日で、診察時間内だったのと、
診察日ではなかったのに、たまたま、泌尿器科の先生が出勤してたのが、
不幸中の幸い。

まだ石が出た感触が無いのが、すこし心配なものの、
いつも痛いわけじゃないし、運動したほうが良いと、医師にも言われたので、
日曜日は、「経営学検定(初級)」の試験を受けてきたいと思います。
 
 
不幸中の幸いついでに、
マンション管理士の合格ラインが、37点になってくれれば良いのだけど、

まぁ、こればっかりは、他の受験生が出来てないことを祈るのも、アレなので、
ダメならダメで、来年また受ければ良いと、前向きに。

それにしても、よもや、自分が、尿管結石になるとはなぁ…。

めちゃくちゃ痛い、という話を、よく聞くものの、
石が小さい段階でも、今まで経験したことのない鈍痛が続いたのは、確か。

この歳になると、病気になることは前提で、早期発見が大事ね。