放送大学

うーむ、大学の勉強、ペースが遅れ気味。
課題提出期間に、間に合わない気がする。 というか、間に合わない。

まぁ、申し込んだ時点で、わかってはいたのだけど…。

放送大学は、期末の「単位認定試験」を受ける為に、
5月の2週くらいから、簡易テストを郵送しなければならない。
それが、どう考えても、全教科は終わらない。

10問ほどの簡易テストなので、テキストの該当部分だけ、参照すりゃ良いのだけど、
(しかも、pdf化してるので、語句検索がしやすいのは有利)

せっかく、勉強したくて大学に入ったのに、そういうやり方すると、昔と変わらんもんなぁ…。
 
 
資格試験の勉強だと、テキストを1ページ目から読んでいくのは、得策では無いので、
最近は、時間に余裕が無い限り、通読は、やらなくなっていたのだけど、
大学の勉強は、全体像をつかみたかったので、どのテキストも1ページから読もう、と決めていた。

単位取得の為に、それを止めるのも、本末転倒だし、

とりあえず、簡易テストは、テキストの該当箇所だけ、ざっと目を通して、
実際は、単位認定試験の始まる7月までに、読めばいいか…。

もっと言ってしまえば、単位で「優」を揃えて、就職活動をするでもなく、
単位が取れなくても、受講費用が無駄になるだけで、また、再履修すれば良い。
このあたり、好きでやってる勉強の強み。 

時間に追われてイヤイヤやるのではなく、楽しんで勉強したい。
 
 
 
あと「認知症ケア准専門士」試験は、とりあえず申込みだけしておいた。

民間資格で、所有が必須のものでもないだけに、現状では、試験が無い可能性もあるし、
あったとしても、7月にマスクをつけたまま受験、は、なかなかしんどい気もするのだけど、

出来る範囲で対策はしておくつもり。

認知症ケア准専門士

「認知症ケア准専門士」試験。 試験日は7月で、まだ先だけど、
先週、念のため、公式サイトを見ておいたら、
受験申請期間が、4月10日まで。 あぶないあぶない…。

受験料が12000円と高いものの、
週明け早々、とりあえず、申し込みだけはしておこうと思ってたら、

申請期間が、4月30日まで延長された模様。
http://184.73.219.23/d_care/senmonsi/3j_2020/index.htm

無けりゃ無いで、なんらかの対応はされるだろうけど、もうすこし様子見。
 
 
司法試験や国家公務員試験を延期 新型コロナ影響
https://www.asahi.com/articles/ASN4861G1N48UTIL033.html

ここらへんまで来ると、緊張感の維持なんかもあって、大変だろうなぁ…。
外出自粛で、弱点を集中して勉強できる、と、前向きに考えられれば。
ここで逆転もあるだろうし、ポジティブさが勝因になり得る。

日記

まだ決めるには早計だろうけど、
試験が開催されるか分からない状況で、勉強しても、なかなか身が入らないので、

今年は資格試験の受験は、一度白紙にして、
放送大学の勉強に、集中することに。

試験日まで余裕のある「認知症ケア准専門士」のテキストは、
知識だけでも頭に入れておきたいので、テキストの通読だけは、繰り返して、

他の勉強時間は、放送大学の講義に振り分ける。

SNSなんかを見てても、ネットで授業が受けられる放送大学が、かなり見直されてて
今年、入学していたのは、不幸中の幸い。
 
 
志村けんが亡くなったことは、誰にとってもショックだろうけど、
「全員集合」世代だと、身体の一部は、確実に”志村けん”で出来ているので、
ダメージが、はかりしれない。

“数あるお笑い番組のうちの1つ”ではなく、
土曜の夜8時に、テレビの前の一番良い位置で、
気力体力を万全にして、待ち構えてたもんなぁ…。

年をとっても、酒は飲み、女遊びをしつつも、
芸の道に専心して、深夜でもコツコツと物を作り続けて、
本当にかっこよくて、憧れだったし、お手本だった。

自分が、今後の人生で、ちょっとでも御恩返しができれば。

日記

「認知症ケア准専門士」試験は、受付開始が、かなり早くて
すでに月曜日から始まっているのだけど、

コロナウイルスの影響もあって、どうなるかわからないので、
申込みも、当面、様子見。

こころ検定は、CBT試験ではあるけれど、
密閉された室内で、という条件は一緒だから、どうなんだろうなぁ。

とはいえ、予備試験あたりの、年1回の一発勝負に賭けてる人は、
そんなことも言ってられないだろうし、早く終結することを祈るばかり。

人によって、見解の相違はあれど、
ウイルスに対抗するには、栄養と睡眠を十分にとることが最善、
という意見は、共通するようなので、
美味しいものを食べて、たっぷり寝て、暖かくなるのを待ちたいところ。

相手は自然現象だけに、
いろいろと上手くいかないことも多いですが、楽観的にいきましょう。

ちなみに、1970年

2019年

こうやって並べて見られるのも、Youtubeのすごいところだね。