認知症ケア准専門士

「認知症ケア准専門士」試験。 試験日は7月で、まだ先だけど、
先週、念のため、公式サイトを見ておいたら、
受験申請期間が、4月10日まで。 あぶないあぶない…。

受験料が12000円と高いものの、
週明け早々、とりあえず、申し込みだけはしておこうと思ってたら、

申請期間が、4月30日まで延長された模様。
http://184.73.219.23/d_care/senmonsi/3j_2020/index.htm

無けりゃ無いで、なんらかの対応はされるだろうけど、もうすこし様子見。
 
 
司法試験や国家公務員試験を延期 新型コロナ影響
https://www.asahi.com/articles/ASN4861G1N48UTIL033.html

ここらへんまで来ると、緊張感の維持なんかもあって、大変だろうなぁ…。
外出自粛で、弱点を集中して勉強できる、と、前向きに考えられれば。
ここで逆転もあるだろうし、ポジティブさが勝因になり得る。

日記

まだ決めるには早計だろうけど、
試験が開催されるか分からない状況で、勉強しても、なかなか身が入らないので、

今年は資格試験の受験は、一度白紙にして、
放送大学の勉強に、集中することに。

試験日まで余裕のある「認知症ケア准専門士」のテキストは、
知識だけでも頭に入れておきたいので、テキストの通読だけは、繰り返して、

他の勉強時間は、放送大学の講義に振り分ける。

SNSなんかを見てても、ネットで授業が受けられる放送大学が、かなり見直されてて
今年、入学していたのは、不幸中の幸い。
 
 
志村けんが亡くなったことは、誰にとってもショックだろうけど、
「全員集合」世代だと、身体の一部は、確実に”志村けん”で出来ているので、
ダメージが、はかりしれない。

“数あるお笑い番組のうちの1つ”ではなく、
土曜の夜8時に、テレビの前の一番良い位置で、
気力体力を万全にして、待ち構えてたもんなぁ…。

年をとっても、酒は飲み、女遊びをしつつも、
芸の道に専心して、深夜でもコツコツと物を作り続けて、
本当にかっこよくて、憧れだったし、お手本だった。

自分が、今後の人生で、ちょっとでも御恩返しができれば。

日記

「認知症ケア准専門士」試験は、受付開始が、かなり早くて
すでに月曜日から始まっているのだけど、

コロナウイルスの影響もあって、どうなるかわからないので、
申込みも、当面、様子見。

こころ検定は、CBT試験ではあるけれど、
密閉された室内で、という条件は一緒だから、どうなんだろうなぁ。

とはいえ、予備試験あたりの、年1回の一発勝負に賭けてる人は、
そんなことも言ってられないだろうし、早く終結することを祈るばかり。

人によって、見解の相違はあれど、
ウイルスに対抗するには、栄養と睡眠を十分にとることが最善、
という意見は、共通するようなので、
美味しいものを食べて、たっぷり寝て、暖かくなるのを待ちたいところ。

相手は自然現象だけに、
いろいろと上手くいかないことも多いですが、楽観的にいきましょう。

ちなみに、1970年

2019年

こうやって並べて見られるのも、Youtubeのすごいところだね。

放送大学

twitterでちらほら、そんな話題が流れていたのだけど、
先ほど、WAKABA(放送大学のネットシステム)を見たら、

毎年恒例で早いのか、今年はたまたまなのか、
既に収録済みの、一部の講義が、視聴できるようになっていた。

授業に申し込みすぎた感があるので、この一ヶ月のフライングは、非常にありがたい。

過去にも、資格学校のオンライン講義は受けたことがあるのだけど、
持ち前のグータラさのせいで、授業を貯め込んで、試験前にまとめて見るハメになるので、
毎日と毎週のノルマを決めて、早めにこなしておく。
 
 
で、前々から懸案だった、授業を受ける環境は、
去年から、コツコツと買い揃えてきた、ipad と ipad proでやってみることに。

タブレットだけで完結させるなら、授業映像用・テキスト用・ノート用と、
下手すると、もう1台買わなきゃならないのか、と、ヒヤヒヤしたものの、
(そもそも、普通に、紙のノートを使えば済む話ですが)

各 6インチ相当と、画面サイズは小さくなってしまうけど、
ipad pro の、splitviewで、当面はこなしてみるつもり。 こんな感じ。

はたして、うまくいくかどうか。
最大の敵は、小さい文字が見えにくくなってる、俺の老眼だな…。

古くは、予備校・大学から、最近の資格学校まで、講義は、1コマ 90分単位だったけど、
放送大学は、1コマ 45分なので、ちょっとした隙間に勉強できそう。
がんばらねば。