司法書士

発売日に合わせ、残りのテキストを買いこむ。


「商業登記法 記述式 第9版」 https://amzn.to/3E60axN
「みるみるわかる! 商業登記法 第9版」 https://amzn.to/3FWjttJ
「刑法 第6版」 https://amzn.to/3p4qzpk
「憲法 第6版」 https://amzn.to/314pu9d


「オートマ過去問(7) 民事訴訟法・民事執行法・民事保全法」  https://amzn.to/3FUJM3A
「オートマ過去問(8) 憲法・刑法」 https://amzn.to/3lijUHc
「オートマ過去問(9) 供託法・司法書士法」  https://amzn.to/3rjSKTZ

※ 今回も、amazonにリンクしましたが、
TACの販売サイト https://bookstore.tac-school.co.jp/book/koza/031/ 
のほうが、割引があって、安いので、そちらがオススメです。
 
 
丁寧に読もうとは思いつつ、いくらなんでも、ペースが遅れ過ぎ。
それも、自分に甘いことが原因なので、集中力を上げつつ、勉強時間を増やす。

難関資格になるほど、アウトプット重視で、勉強するのがセオリーなのだろうけど、
これだけの分量ともなると、よほどやり方を考えないと、
数だけこなして、知識を覚えてない、ということにもなりかねない。

自己流だと、とても、太刀打ちできなさそうだし、もう、迷ってる時間も無いし、
司法書士試験向けの勉強本を、今まで、あれこれ読んで、参考になったやり方で、進める。

司法書士

オートマシステム「民法」の新版が出たので、既刊の問題集などと合わせて、買いこむ。


「民法I 第10版」  https://amzn.to/2YtXudO
「民法II 第10版」  https://amzn.to/3o8eoap
「民法III 第10版」  https://amzn.to/3BUvpdg
「オートマ過去問(1) 民法 I 2022年度」  https://amzn.to/3D8MwcR
「オートマ過去問(2) 民法 II 2022年度」  https://amzn.to/3qgFeQC
「新・でるトコ 一問一答+要点整理 1 民法 第3版」  https://amzn.to/3CTKiOl


「会社法・商法・商業登記法 I 第8版」  https://amzn.to/3kzDBtJ
「会社法・商法・商業登記法 II 第8版」  https://amzn.to/3GTkPHb
「新・でるトコ一問一答+要点整理 3 会社法・商法・商業登記法 第4版」  https://amzn.to/3H0d6qz


「必携オートマ先例集 不動産登記」  https://amzn.to/3bPs1FV
「必携オートマ先例集 商業登記・供託」  https://amzn.to/3bNcxSL
「短期合格のツボ」  https://amzn.to/3mUSFUh

※ 前回同様、amazonにリンクしましたが、
TACの販売サイト https://bookstore.tac-school.co.jp/book/koza/031/ 
のほうが、割引があって、安いので、そちらがオススメです。
 
 
 
残りの科目も、新版が出たら購入し、なんとか今年中に、すべての科目のテキストに、目を通す。
来年の3月までには、基本的な登記申請書を、書けるようにしたい。

「オートマシステム」は、口語体なので読みやすくて、
大学受験の頃、お世話になった「日本史の実況中継」を、彷彿させる。
(我らの時代は、菅野祐孝先生だったけど、今も、著者が変わって、シリーズは続いている様子)

行政書士や他資格で、民法を勉強していたときに、
漠然と覚えた部分を、しっかり説明してくれているので、非常に助かる。

ただ、もし、自分が初学者だったら、いきなりこれを読んで理解できたか?というと、微妙。
宅建や、行政書士試験で、もう少し手前の部分まで勉強したから、
読みやすいと、思えるのかもしれない。
 
 
そういえば、行政書士の試験日は、来週の日曜日。
民法改正もあったし、行政法の知識も薄れてきているので、
来年こそは、腕試しで、行政書士試験を、受けたいところ。

あと、余談ながら、付箋は、100円ショップのより、
値が張っても、ちゃんとしたのを買ったほうが良いね…。

司法書士

以前、買ってあった、
「一刀両断! 債権法・相続法 民法大改正 完全解説 全条文付(旧:平成29年民法大改正 完全解説 全条文付)」  https://amzn.to/3AVyI4e

で、遅ればせながら、民法の改正をフォロー。
 
 
 
並行して、とにかく不動産登記法を、ひととおり目を通すべく、
近所の本屋にて、3冊購入。

「不動産登記法 I 第9版」  https://amzn.to/2YaXxuO
「不動産登記法 II 第9版」  https://amzn.to/39NpQ4L
「オートマ過去問(3) 不動産登記法 I」  https://amzn.to/39MXxmL

 
 
 
これで、近所の本屋に、義理は果たしたので、
あとは、TACの販売サイトで、不動産登記法のテキストを、揃える。

「新・でるトコ一問一答+要点整理 2 不動産登記法 第4版」  https://amzn.to/3kOlC2Z
「みるみるわかる! 不動産登記法 第8版」  https://amzn.to/3APNBVA
「不動産登記法 記述式  第9版」  https://amzn.to/3ig1TYw
「試験に出るひながた集 不動産登記法 第3版」  https://amzn.to/3iiofIW
「試験に出るひながた集 商業登記法 第3版」 https://amzn.to/3kQTTyx
「この男、司法書士。」  https://amzn.to/2XXpSEo

※ amazonにリンクしてありますが、
TACの販売サイト https://bookstore.tac-school.co.jp/book/koza/031/ 
のほうが割引があって、安いので、オススメ。

残りの科目は、オートマシステムの新しい版が出るのに合わせて、ちょっとずつ揃えていく。
 
 
 
大学受験の頃は、良い大学に入って、見栄を張ろうと思ってたし、
資格試験では、社会的なステータスを得よう、と気持ちがあったのだけど、
結果的に、そういう考えは、意味がなかったので、

今後の資格勉強は、スケジュールだけしっかり決めて、
「知識を得ることを楽しむ」というスタンスで、やる。

これだけ分量があると、追い詰められての勉強は、苦行でしかないし、
おっさんともなると、残り時間がもったいないので、イヤイヤ勉強するくらいなら、やらない。

仕事と勉強の時間配分のバランスなども、だいぶ固まっているし、
精神的に安定した状態で、勉強を楽しめるのが、ありがたい。
 
 
不動産登記法は、敷地権のあたりで、区分所有法の知識が、すこし必要で、
“専有部分と土地の分離処分の禁止”など、マンション管理士試験で勉強したことが出てくる。
こういうのも、ちょっとだけ有利なのかな?

民法は、「オートマの第10版」が、10月下旬発売なので、後回しにしたけど、
初学の、不動産登記法や、商業登記法にくらべて、
既知の知識があるだけに、ちょっと楽しみ。

よもや自分が、”民法の勉強が楽しみ”なんて、思う日がくるとは。