勉強用 砂時計

2019年10月8日

テキストは、会計のあたり。 ペースが遅れ気味。

らくらくわかる! マンション管理士 速習テキスト 2019年度
らくらくわかる! マンション管理士 速習テキスト 2019年度

改訂があって、会計のあたりも、今までの内容より、説明が詳しくなってる。

簿記3級を持ってれば、知っている内容なので、それほど難しくは感じないものの、
このテキストだけで理解しようと思うと、ハードルは高そう。

とはいえ、37~38/50問 は、取る必要のある試験だから、
会計の2問は、絶対に落とせないし、
テキストも深く説明しなければならないのは、仕方のないところか。
  
 
  
これまでの試験勉強で、お気に入りの勉強道具は、ほぼ決まったので、
今年は、あれこれ使うことは無いのだけど、
これだけ、新しく導入。

30分 砂時計  ※在庫切れで、高くなってるので、別の製品がお勧め
45分 砂時計
60分 砂時計

※ 上の3つとも、サイズが大きいので、寸法に注意

勉強のときも、あえて、本試験で使う腕時計を、使っていたのだけど、
時間がわかるのと同時に、現在時刻もわかってしまうので
「○時だから、メシ食うか…」「○時だから、寝るか…」と、サボる言い訳に使えてしまう。

だったら、時間を合わせずに使えば良いか、とも思ったのだけど、
結局、勉強の累積時間がわかってしまうので、
「もう、○時間も勉強したから、今日は終わり!」みたいなことにもなってしまう。

かといって、ストップウォッチだと、追い立てられる気がしてしまうので、
考えた結果、砂時計が最適じゃないか?という結論に。

これが、なかなか良い塩梅。

ただ、大きいほうが見やすいし、時間が長いほうが、勉強用に便利かと、
amazonに、いろいろと種類があるなか、大きなタイプのものを、
30分、45分、60分と、3つ揃えてみたものの、

想像以上にサイズが大きくて、結構、場所をとるし、壊れ物だし、

過ぎ行く時間の流れを、視覚的に確認できるのが新鮮で、
思わず、砂が落ちるのを見入ってしまったりして、少々、改善の余地あり。

このあたりも、小さいサイズを買ってみたり、試行錯誤してみたい。