日記

「認知症ケア准専門士」試験は、受付開始が、かなり早くて
すでに月曜日から始まっているのだけど、

コロナウイルスの影響もあって、どうなるかわからないので、
申込みも、当面、様子見。

こころ検定は、CBT試験ではあるけれど、
密閉された室内で、という条件は一緒だから、どうなんだろうなぁ。

とはいえ、予備試験あたりの、年1回の一発勝負に賭けてる人は、
そんなことも言ってられないだろうし、早く終結することを祈るばかり。

人によって、見解の相違はあれど、
ウイルスに対抗するには、栄養と睡眠を十分にとることが最善、
という意見は、共通するようなので、
美味しいものを食べて、たっぷり寝て、暖かくなるのを待ちたいところ。

相手は自然現象だけに、
いろいろと上手くいかないことも多いですが、楽観的にいきましょう。

ちなみに、1970年

2019年

こうやって並べて見られるのも、Youtubeのすごいところだね。

放送大学

twitterでちらほら、そんな話題が流れていたのだけど、
先ほど、WAKABA(放送大学のネットシステム)を見たら、

毎年恒例で早いのか、今年はたまたまなのか、
既に収録済みの、一部の講義が、視聴できるようになっていた。

授業に申し込みすぎた感があるので、この一ヶ月のフライングは、非常にありがたい。

過去にも、資格学校のオンライン講義は受けたことがあるのだけど、
持ち前のグータラさのせいで、授業を貯め込んで、試験前にまとめて見るハメになるので、
毎日と毎週のノルマを決めて、早めにこなしておく。
 
 
で、前々から懸案だった、授業を受ける環境は、
去年から、コツコツと買い揃えてきた、ipad と ipad proでやってみることに。

タブレットだけで完結させるなら、授業映像用・テキスト用・ノート用と、
下手すると、もう1台買わなきゃならないのか、と、ヒヤヒヤしたものの、
(そもそも、普通に、紙のノートを使えば済む話ですが)

各 6インチ相当と、画面サイズは小さくなってしまうけど、
ipad pro の、splitviewで、当面はこなしてみるつもり。 こんな感じ。

はたして、うまくいくかどうか。
最大の敵は、小さい文字が見えにくくなってる、俺の老眼だな…。

古くは、予備校・大学から、最近の資格学校まで、講義は、1コマ 90分単位だったけど、
放送大学は、1コマ 45分なので、ちょっとした隙間に勉強できそう。
がんばらねば。

日記

今年は、たまたま、春先に、資格試験の予定を入れていなかったので、
今のところ、コロナウイルスの影響は、あまり無く、黙々と、勉強と仕事。

マスクと消毒液は、普段から家で仕事をしてて、さほど使わないので、実家の両親の分だけ確保。
ティッシュ・トイレットペーパーの類も、
運良く、先月、大量に買ってあったので、慌てないで済んだ。

買い占めるという発想と、デマに踊らされてる点、二重の救いようの無さ。
あんな風にならない為には、自分の頭で物事を考えられるように、勉強しつづけるべきだと、
他山の石としたい。

デカメロンというと、少年隊を想像してしまうのは、世代のせいか、学の無さゆえか。
 
 
首相の休校判断。 
独断すぎて、かなり危なっかしいし、周辺に起きてる自身の問題の火消し、という思惑はあるのだろうけど、
2月の受験シーズンに休むわけにいかないし、4月の新学期に休むわけにもいかないし、
関係者に調整なんてしてたら、機を逸するし、で、英断という印象のほうが強い。

状況を見てたら、危機感に欠けると言われ、何かしたら、調整不足だと言われ、
あれじゃ、無党派層の俺から見ても、ちょっと、お気の毒だと思う。 

そっち系の知識がまるで無いので、見当はずれだろうけど、
蔓延させるだけさせて、抗体を持つ人が増えたほうが、ワクチンが作りやすいし、
早く流行が収まる、ってことは無いのかね。