未分類

基本情報技術者試験を、受験。

結局、午前の部のテキストを、1回通しで読んだだけなので、
合格を狙うのは、無謀なのだけど、

結果から言うと、午前は、半分くらいできた。 午後は、まるでダメ。

午前中は、100人くらい入る教室の、2割しか席が埋まっておらず、
実際の受験率が少ないとは聞いていたものの、これほどとは… とビックリしていたら、
午後になって、左端から2列ぐらいまで、ギッシリ。

「午前だけ一部合格」とか、そういう制度もある模様。

受験者層は、10代、20代ばかり。 意外と女性も、2割ほど。
その中で受験する、40代(後半)。
今までの試験の中で、一番、場違い感があったかも。
 
 
今も、ネットやPCの仕事はしているものの、システム開発などをするわけではないので、
勉強してても合わない感が強く、また、受験するかは微妙ながら、
「自分が、何に合ってないか」を再認識するための、資格勉強でもあるので、今日も一歩前進。

試験会場が大学で、やはりキャンパスに入ると、良い刺激も受けるのだけど、
なんとなく、大学時代にやり残したことが。、たくさんあるような気もして、
ちょっと、しんみりして帰ってきました。

秋は、マンション管理士試験に、再挑戦するのは確定として、
その前に、何か1つ受験しようか、迷い中。

そろそろ、本業にもっと力を入れて、収入アップを狙わないとマズイ状況でもある。
この歳になっても、不器用なままで、なかなかうまく平行して、できないんだよなぁ…。