文房具

勉強の合間(もちろん、仕事の合間でもありますが)
趣味の1つである、「勉強法の本」も濫読。

で、この前、本屋にあったこれ、「青ペン」にこだわる部分は、なかなか興味深かった。
 
 
頭がよくなる 青ペン書きなぐり勉強法

 
 
amazonで見ると、なにやら、類似のKindle本も。

 
 
本当に頭がよくなる青ペン学習法

 
 
 
書きなぐって覚えるのは、勉強のセオリーだし、
色の違いで、それほど影響が出るかな?とは、思いつつも、

逆に、黒であることに、こだわりがあるわけでも無いし、
微々たる差でもあるなら、積もり積もって…ということにもなるし、で、

最近は、英単語の暗記、みたいな勉強をしてないので、「書きなぐる」ことは少ないものの、
やって見る価値は、ありそう。

早速、持ち前の凝り性が出てしまい、
大きな文房具屋で、片っ端から、青色ボールペンを買ってきて、使い比べ。
 
 
 
 
青ボールペン 書きやすさランキング 2018年度

用途 : 勉強用書きなぐり (なので、水性、油性、ゲルタイプ問わず)
色 : 青
タイプ : ノック式
ペンの太さ : 0.3~0.4mm 

 
 
 
1位  パイロット ゲルインキボールペン ジュースアップ ノック式 0.4mm【ブルー】 LJP-20S4-L

書きやすさ ★★★★★
色の濃さ ★★★★☆ 
定価 : 200円
寸評 力を入れなくても書けるので、書きなぐり用途では最高の書き味。 寸胴型の軸も、シンプルで持ちやすい。 ノック部分が大きく、押し心地も上々も、押し込んだノックがグラつくのは、好みが分かれそう。
 
 
2位  三菱鉛筆 油性ボールペン ジェットストリーム 0.38mm SXN-150-38 青

書きやすさ ★★★★★
色の濃さ ★★★★☆
定価 : 150円
寸評 安定の書き味。 0.38mmという絶妙な太さ。 油性なので、文字の色も落ち着いてて○ 油性ボールペンで選ぶなら、これ一択。
 
 
3位  ゼブラ ジェルボールペン サラサドライ 0.4mm 青

 ※ リンク先は、10本の値段
書きやすさ ★★★★☆
色の濃さ ★★★★★
定価 : 150円
寸評 インクの乾きが若干遅い「サラサ」の速乾ドライ版。 インクの水っぽさは強いが、色は、断然濃い。 1~3位は、僅差。
 
 
4位  パイロット ゲルインキボールペン Juice 超極細 0.38mm ブルー LJU-10UF-L

書きやすさ ★★★★☆
色の濃さ ★★★★☆
定価 : 100円
寸評 1位は「ジュースアップ」、こちらはノーマル「ジュース」  1位との書き味の差はわずかなのに、価格は半分。 持ちやすい軸で、こちらのほうが、手に合う人も多いはず。
 
 
5位  パイロット ゲルインキボールペン ジュースアップ ノック式 0.3mm【ブルー】 LJP-20S3-L

書きやすさ ★★★★☆
色の濃さ ★★★★☆
定価 : 200円
寸評 1位の0.3mm版。 とにかく細く書けるので、書きなぐり以外の用途で重宝しそう。 付箋や、テキストの余白に書き足す用か。
  
  
6位  三菱鉛筆ユニボール R:E 0.38mm コバルトブルー

書きやすさ ★★★☆☆
色の濃さ ★★★☆☆
定価 : 180円
寸評 インクの色が、他と比べて薄め。 逆に軸が太めで、手の大きい男性向け。 文字が消せるのは、強み。
  
  
7位  三菱鉛筆 ゲルインクボールペン ユニボール シグノ RT1 0.38mm 青 33

※ リンク先は 2本の値段
書きやすさ ★★★★☆
色の濃さ ★★★☆☆
定価 : 150円
寸評 他と比べ、かすかながら、書き始めにインクが多く出る。 ひっかかりがやや強く、なめらかという感じでは無いので、書きなぐり用途では、気になるかも。
  
  
8位  パイロット フリクションボールスリム 0.38mm スカイブルー LFBS-18UF-SKL

書きやすさ ★★★☆☆
色の濃さ ★★★☆☆
定価 : 180円
寸評 フリクションボールの0.38mmは、ペンの軸が細いので、書きなぐり用途に使うなら、3色ボールペンタイプを使うべし。 ご存知のとおり、消せます。 
 
 
9位  ぺんてる ノック式エナージェル0.3㎜ BLN73ーC シルバー軸 青インキ

書きやすさ  ★★★☆☆
色の濃さ  ★★☆☆☆
定価 : 200円
寸評 ペン軸は太く、ペン先は細い、一風変わったバランスも、持ちやすさは上々。 インクが、まれにかすれるのが難。
 
 
 
書き比べの前は、「ジェットストリームか、サラサドライの1位2位争いだろうなぁ…」と思ってただけに、
ノーマークの1位は、使ってみてビックリ。

こういうことがあるから、自分好みの文房具選びは、止められない…(^^;

今回は「書きなぐり」用途限定なので、「書類の清書」なんかが目的なら、また違った結果になりそう。
さっそく、1位のボールペンで勉強をしてみることに。 
はたして、効果のほどはいかに!?

文房具

行政書士の試験勉強をしてるころから、
気分転換も兼ねて、シャープペンやら、消しゴムやら、あれやこれや買っていたのだけど、

数ある勉強グッズの中でも、一番効果があったのが、最近買った、これ。

プラムネット ブッククリップ
プラムネット ブッククリップ
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00XOXQCYI/

 
 
「なぜ、もっと早く買わなかったのだろう…」と、後悔したほど。

1つ約980円と、けっこういい値段なのだけど、
クリップ自体が大きく、挟む部分の内側に、柔らかい布地がついているので、
紙を傷めずに、しっかり固定が可能。

2つ使えば、厚手の参考書や問題集も、手で押さえずにページを開いたままにできる。
 
長いあいだ、本を押さえているのに使っていた「片手」が、自由になるので、
問題を解くことに集中できる。

今まで意識してなかったけど、消しゴムを使うときなんかは、
本を閉じたり開いたり、あるいは手で本を固定したり、と、
そのつど余分に、手間と時間がかかっていたのに、それが、まったく無くなる。

他の勉強ブログでも推薦されてることが多いし、amazonのユーザーレビューが★4以上なのも、納得。
お財布に余裕がある方は、騙されたと思って、2000円出費してみてください。
 
 

 
で、最近は、マンション管理士試験の勉強を、黙々とすすめる。
とにかく今は、過去問を繰り返す期間。

2年前に受けたときは、歯が立たないと思ったけど、
今回は、なんとなくやれそうな感触も。

ただ、2年前に、管理業務主任者が受かってれば、5問免除が使えたんだけどなぁ…。

気が早いけど、来年に向けて、どんな資格勉強をしたいかも、考えていて、
向いてないかな、と、諦めてた資格も、調べてみると、
行政書士資格との組み合わせが、有効だったりもするし、

難関資格ほど、来年の受験に向けて、早めに準備しておけば、なんとかなるかもしれない。

マンション管理士, 管理業務主任者, 資格勉強

既に、今年の試験日が、官報にて公告されていた。

マンション管理士 試験  http://www.mankan.org/
平成30年11月25日(日)

管理業務主任者 試験 http://www.kanrikyo.or.jp/kanri/siken.html
平成30年12月2日(日)

早速、この2つに照準を合わせて、資格勉強スタート。

今年は、「過去問中心」の勉強なので、
試験日から逆算して、1日のノルマを決めることにした。

カウンターのスマホアプリみたいなのを使ってみようかな、と思ったのだけど、
机の上にスマホがあると、気が散りそうなので、

小さなクリップを並べて、1問解くごとに、右から左に移動。

何問解いたか、ひと目でわかるし、
クリップを動かすごとに小さな達成感があるし、このやり方なら、続きそう。
 

 
そういえば、本屋に行ったら、「賃貸不動産経営管理士」なる民間資格もあるらしく、
合格率は最近は下がってきたものの、50%程度。
http://www.chintaikanrishi.jp/exam/summary/

試験日が、平成30年11月18日(日)と、
もし、上の2つの資格勉強と並行してできるなら、受験するのも悪くなさそう。

が、受験料が 12,960円! 

四択40問で、約13000円だと、1問 300円だよ…。
(という考え方も、おかしいとは思いますが)

お金と気持ちに余裕があれば、受験するつもり。

マンション管理士, 管理業務主任者, 資格勉強

今年は、まだ、受験した資格が無い。
で、やはり、「マンション管理士試験」「管理業務主任者試験」のリベンジをしたい。

一昨年、受験したときは(どちらも不合格)、受験を決意したのが、試験日の二ヶ月前。 
引越しなどもあって、あまり集中ができず、テキストの通読だけで、過去問まで手が回らなかった。

マンション管理士は、合格率が低いだけあって、かなりの難関。

受けた感触として、テキストより、過去問を中心に、勉強したほうが良さそうなので、
今年は、そのやり方で挑戦してみる。
 
 
資格も、試験の難易度や、出題範囲の広さによって、
テキスト中心、過去問中心、と、使い分けたほうが良いことが、ようやく分かってきた。

前は 「過去問中心の勉強と言ったって、知識も無いのに、解けるかい」 と思っていたのだけど、
もちろん、先に、テキストを一読したほうが良いのは、確かだけど、

初学者が、過去問を解くなんて、おこがましい
過去問は、読み物

という、資格試験の格言もあるくらいで、
過去問の出題と答えを、どんどこ読んでいく、という勉強方法も、有効なのが分かってきた。

資格試験も、そのくらい難易度が上がってくると、やはり、一通り、テキストの知識がある、
2回目の受験で、合格することのほうが多いのかもしれない。