未分類

公認会計士などの資格、18歳で可能に 民法改正案:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASKDD4H7XKDDUTIL02M.html

 法務省関係者によると、年齢引き下げの対象になる主な専門資格は公認会計士、行政書士、司法書士、社会保険労務士など。医師も対象になるが、国家試験を受験するには大学の正規課程(6年間)を修了するよう定められており、現実的に18歳で資格を取得することは極めて困難だ。

行政書士にいたっては、受験資格が無いから、高卒ですぐ資格取得できるようになるけど、

業務自体が、社会や人を相手にする仕事だけに、
なぜ、そうするのか、意味はわからず。

未分類

裁判の知識があると、こういうことも出来るんだなぁ。

土地は捨てられるのか 男性、国を相手に「実験的訴訟」
http://www.asahi.com/articles/ASKCY6787KCYUUPI003.html?iref=comtop_8_01

原告は、41歳の司法書士さん。
年輩の方から、同様の相談を受けることが多くなったので、国相手の訴訟に踏み切ったとのこと。

国庫に帰属したら、国はどうやって活用するんだろうなぁ。
土地や建物が余って、手に入りやすくなるのは嬉しいけど…。

未分類

資格学校の、公式ネットショップで買えば、参考書も、10%~割引で買えるのだけど、

地元の本屋を応援する為に、本屋まで行って定価で買う、ってのが、
大人の意地の見せどころ。

いくらamazonがあるとはいえ、地元の本屋が無くなるのが、一番怖い。

中身を見ずに、ネットの評価だけで買って、お金の無駄をしたことが、かなりあるだけに、
本屋が無くなって、実際に中身を見れなくなる状況に、加担するのだけは、極力避けたい。

あえて、割引を使わないときのわりきり方で、効果的なのが、「割引は、お金の無い学生さんの為」
額が大きい場合は、「パチンコでボロ負けしたと思えばいいや」

パチンコの利点は、息抜きと、こういう考えができるところ。