気を取り直して、ITパスポート試験の、参考書と過去問を購入。
この分野も、参考書が結構、充実してる模様。

間に合えば、今月、受験しようかと思ったのだけど、
やはり、年末は仕事が忙しいので、来年早々、受験することになりそう。

本屋に行ったついでに、趣味で濫読している”勉強本”も購入したので、感想。

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

★★★☆☆
他の学術書から、ちょいちょいつまんで、自分はこうやって実践している、という書き方の繰り返し。
読みやすいし、書いてあることは正しいし、即効性があるし、で、
勉強や、集中する手段のアイデア本として、読んでも損は無し。

独学術 (ディスカヴァー携書)

独学術 (ディスカヴァー携書)

★★★★★
資格勉強に対して、即効性は無いものの、生涯、独学を続けたい!と思わせる名著。
書き方が古風なので、古典のベストセラーなのかなと思ったら、著者はまだ60代。
ロングセラーとなった『勉学術』を改題したもので、未読の方には、お勧めの1冊。

 
前に、amazonで “Kindle Paperwhite”を買って、
「家も片付くし、今後は全部、電子書籍にしよう!」と、一時は、思ったのだけど、

やはり、本は、本屋に行って、立ち読みで内容を確認してから買ったほうが、
時間も、お金も、節約になるね…。
興味深い部分に、蛍光ペンを引く楽しみ、みたいなのも有るし。

昨日は、ガッカリしすぎて、
普段、1本しか飲まない缶ビールを、2本飲んでも眠れず。

民法や宅建業法の問題は、間違えなかったし、
まったく分からない問題も、数問あったし、

やるだけやって、1問足りずに落ちたなら、
単に、また来年受けるだけ、なのだけど、

簿記の問題で、問題の”なお書き”を読みとばすって、
もう、言い訳のしようが無い…。

時間も余ってたんだから、見直しゃ気づくだろうに…。
いかに、集中力を欠いてたか。

とりあえず、次の試験まで1年あるし、
今からキバっても、続かないので、今のうちから作戦を立てる。

マンション管理士試験、管理業務主任者試験は、独学で続行。
あと、ITパスポート試験は、来年の早い段階で受けて、今後どうするか考えたい。

試験のことは忘れて、しばらくは仕事に専念。

管理業務主任者試験、ダメだった…。

仕訳は、なお書きを読み飛ばして、1問間違ってるし、

他の問題も、肢の1つで、
「警備業法によれば、18歳未満の者は、警備員となってはならない」
というのがあって、「あれ?条文では20歳だった気がする」と思って、×肢にしたんだけど、

20歳だろうが、18歳だろうが、「18歳未満が警備員になれない」のは、同じだ…。
なぜ、試験中に気が付かないんだろう…。
(ちなみに、条文も「18歳未満の者」で正しい)

結果 34/50

今年も、合格ラインは、35問以上だろうから、
仕訳の問題と、この警備業法のミスで、落ちてしまった可能性大…。

リベンジで、来年も受けるのは良いとしても、
マンション管理士試験で、5問免除を使えないのが痛い。

まぁ、2ヶ月で受かろうとしたのが、虫が良すぎたのだろうし、
わたくしの場合、格好つけて、効率重視の勉強をするのではなく、
コツコツと、基礎をしっかり固めていくやりかたじゃないと、ダメなのだな。

肝に銘じて、来年の指針にする。

管理業務主任者試験まで、あと3日。

勉強範囲が、マンション管理士試験と重なるので、
未知の部分を補強。 あとは、時間的に、過去問をやるだけで精一杯。

個々の問題は、簡単なのだけど、これが、本試験で50問にまとまると、
必ず、知らない問題が紛れ込んでくる。

逆に、皆がわかる問題は、正答率がめちゃくちゃ高いはずだから、
絶対に間違えないようにせねば。

今回も、試験中に30問できた手応えがあれば、なんとかなりそうだけど…。
マンション管理士試験が、全然出来なかっただけに、
緊張感が抜けない。

ただ、今まで、合格率50%の検定試験を、不完全な状態で受けることは、あったけど、
合格率25%程度の資格試験でも、その自分のやり方が通用するか、
みたいな部分のチャレンジでも有るし、

これで合格したら、自信にもつながるので、頑張りたい。