気を取り直して、今度の日曜日にある「管理業務主任者」試験の勉強。
時間が無いので、過去問優先。

試験範囲が、「マンション管理士」試験と、かなり似てるのに、
なぜ、こんなに合格率に差があるのかな、と、思ったのだけど、

昨年の合格率
マンション管理士    8.2%
管理業務主任者   23.8%

過去問をやるかぎり、
「マンション管理士」試験 = 現在の行政書士試験
「管理業務主任者試験」試験 = 20年前の行政書士試験

みたいな、問題の難易度や肢の作り方だなぁ、という感想。

合格率 20%超とはいえ、4人のうち3人は落ちるわけだし、
昨年の合格ラインは、50問中34問正解。

わたくしの場合、準備万端で、試験を受ける訳では無いので、気を引き締めていきたい。

マンション管理士試験、終了。

うーむ、出来なかった…。
なんか、3ばかり塗ってた気がする。

テスト前の段階では、
「30問できた手応えがあれば、あとは運次第かな」なんて思っていたけど、

“5問免除問題”も、2問くらいしか自信が無いし、
問題も、それほど、難易度が上がったわけでも無さそうだし、

これはとてもじゃないけど、合格にはおぼつかない…。
おそらく、運が良くて 30/50 が上限だと思う。

「いかなるテキストも、過去問を参考にして作っているので、
テキストをどれだけ完璧にやっても、出来るようになるのは過去問だけ」

に対する反論として、

「毎年の試験問題は、過去問を参考に作ってる以上
テキストさえ万全にすれば、70%取れるし、そうなるように、問題を作っている」

というのが、多くの資格試験の常識なんだろうけど、

「マンション管理士」試験にいたっては、あの合格率を見ても、
テキストいくらやっても、7割できるようにはならず、
5問免除を使って、あとは運、という試験のような気がする。

来週の管理業務主任者試験に受からないと、
来年も、キツそうだ…。

19:14

マンション管理士試験。

ユーキャンの解答速報が、とびぬけて速い模様。
http://sokuhou.u-can.jp/html/pc/O6L161101_1.html

一部、まだ解答が出てないけど、
専門家が見ても、すぐ解答が出せないような問題だすなよ…。

5問免除問題、5/5だったけど、後はボロボロ…。

19:30

TACが、全問の解答速報を出しました。
http://www.tac-school.co.jp/kouza_m-kanri/sokuhou_m.html

本当に 30/50でした。

問40~問50まで、全問正解…。
とりあえず、おつかれさまでした。

羽生君もこう言ってくれてるので、仕事を終わらせたら、もうちょい頑張ろう。

「あと5点は伸びる」
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6222112

休憩がてら、「マンション管理士」試験の公式サイトを見てたら、
http://www.mankan.org/mousikomijokyo.html

2.試験の一部を免除される者の数
全受験申込者に占める割合    41.0%

5問免除ありきの試験だったか…。 確かに優遇措置は使ったほうが賢いよな…。

ただ、わたくしの場合、「管理業務主任者」試験も、合格するか怪しいので
来年も、茨の道は続きそう。

うーむ、範囲が終わらない…。

分かっていたことなのだけど、やはり時間が足りない。
去年も、法学検定や、ビジネス実務法務検定では、直前に詰め込んだけど、
「マンション管理士試験」は、訳が違うからなぁ…。

去年の、38/50問という、合格基準ラインを見ても、わかるとおり、
どちらかというと、「深く問われる」というより、
「基本的な知識を、どれだけ間違えないか」という試験なので、

ちょっとした読み間違い・ケアレスミスが、命取りになる。

合格者の平均が、47.1歳らしいので、
http://www.mankan.org/goukakusyagaiyo.html
俺の、あふれんばかりの若さを信じて、もうひとふんばり。

合格ラインが、32問くらいだったらなぁ…。
去年も、問題が簡単だったわけじゃないのに、なんだよ、38問って…。

と、嘆いても仕方ないので、試験当日の午前中まで、いや、試験会場についても、必死に覚える予定。