法学検定スタンダード<中級>コース 結果

18:16

「法学検定 スタンダード<中級>コース」の正解一覧が出たので、
http://www.jlf.or.jp/hogaku/index.shtml

答え合わせをしたところ、

(必須)
法学一般 7/10
憲法  12/15
民法  14/20
刑法  8/15
(選択)
行政法  12/15

合計  53/75

ギリギリ7割は取れている模様。

思わず、合格点が何点なのか探しちゃったけど、試験のたびに、変わるのね。
行政書士受験生あるある。

面白いもんで、「法学検定」は、合格点を、平均点以下に定めることが多いようで、
http://www.jlf.or.jp/hogaku/pdf/2014_houkenkekka.pdf

2014年にいたっては、
ベーシック<基礎> 平均点 32.5 → 合格点 30点
スタンダード<中級> 平均点 43.1 → 合格点 42点

で、どちらのコースも、合格率は、50%オーバー。

 

他の検定でもよくあるように、最上級以外は、
できるかぎり合格させてあげる方針で、あくまで、お客さん扱い。

なので、アドバンス<上級>コースも受けてみたいけど、
毎年、同日に、「マンション管理士試験」があるので、来年は、状況を見て決める予定。

 
一方、最近、身体を動かしてなかったので、
昨日、試験後に調子にのって、散歩しまくった疲れがドッと出てしまった。
(万歩計を見たら、11km歩いてた)

なので、全部、試験も終わったし、御褒美がてら、
スタミナをつけようと、焼肉!

が、胃もたれ。
もう、生活のそこかしこで、歳を感じることが多くなった。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ

法学検定 スタンダード<中級>コース 受検終了!

20:25

 
法学検定 スタンダード<中級>コース 受検終了!

試験範囲のうちの「刑法」さえ、勉強が終わってなく、
合格するつもりと言うことさえ、おこがましいので、
とりあえず、全力は尽くしてきました。

で、何がビックリしたって、小学生がいやがったよ。

「スタンダード(中級)コース」を受けてたってことは、
もう、「ベーシック(初級)コース」は受かってるんだろうけど、

いくら、子供が受けたいと言ったとしても、
刑法で「強姦」とか出てくるし、親もどういう神経してんのかね。
法律の問題を、クイズ感覚で解いて、何になる。 せめて、毛が生えてから、来やがれ。

そして、帰り道、天気も良かったので、
最寄りの駅には向かわず、気の向くままに散歩。

見知らぬ街を歩くのなんて、ひさしぶりだなぁ…と思ってたら、
どうも、見覚えがある。

よーく思い出してみたところ、
20代の頃、女の子にフラれたときに通った道だった…。

もうあれから、17年ほど。 久美ちゃん、元気にしてるかなぁ。
良い人生を送っているのだろうか。
法学検定を受けに行ったのに、思わず、しんみりしてしまいました。

これにて、受ける予定だった試験は、ひととおり終了。

行政書士試験の、結果次第で、来年の予定も変わるのだけど、
正直、厳しいだろうし、
仕事のほうも、全力を尽くさなければいけない状況なので、勉強は、しばらくお休み。

3年間、みっちり勉強した!わけでは無いし、
はたして、自分の人生に、どれだけ影響があったのか、微妙なところだけど、

自分の能力を過信していたことを、目の当たりにできたのは、
収穫だったと思う。
それで、へこむのではなく、それを、なんとか次につなげたい。

まだまだ、あきらめまへんで。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ

法学検定 甘く見ていた

00:16

行政書士本試験が終わり、2週間以上経ち、
勉強に時間を割いた分の、仕事の穴埋めに没頭する毎日。

今週末に、法学検定スタンダード<中級>コースがあるのだけど、
甘く見すぎてた…。 

とにかく分量が多く、1教科を、一夜漬けするのも無理。 
ただ、幸い、科目が、

必須科目: 法学一般、憲法、民法、刑法
選択科目(1科目):  民事訴訟法、刑事訴訟法、商法、行政法、基本法総合

なので、必須の「刑法」だけ勉強して、選択科目は「行政法」を選べば、勝負にはなりそうだけど、
その「刑法」の、基本的な知識さえ無いので、

問題集をやっても、答えを覚えるだけ、になってしまう。 
これだともったいない…。

窃盗や強盗が、いつから既遂になるか、みたいな知識や、
いつから、故意犯になるのか、みたいな部分もしっかり勉強したいので、

仕事のほうが、一段落ついたら、「刑法入門」のような本から、スタートしたい。

 

で、問題集の「刑法」の範囲も終わらなさそうなので、法学検定は、受験しないことも考えたけど、
合格は二の次にして、

民法や行政法で、どのくらい地力がついたのか、確認をしてくるつもり。

仕事も、ずっと根をつめて作業してたし、
大学のキャンパスに行って試験を受けて、帰りに、周辺の定食屋でメシとビールでひと息、
というのは、すごく良い気分転換になると思う。

法学検定こそ、年に2~3回やったほうが良いと思うんだけどなぁ。

法科大学院の定員を大幅減へ 文科省、2500人程度に
http://www.asahi.com/articles/ASHCS4PXTHCSUTIL03H.html

右往左往してますな。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ

『○○すれば合格できる!』のカラクリ

14:04

それにしても、行政書士の受験生のブログも減ったねえ…。
まぁ、「受験生」なんて、長居しないほうが良いカテゴリだろうけど…。

残るは、資格学校の講師ブログと、合格者が自分の勉強法を自慢するブログ。

特定の参考書を何十回もやれば合格できる! みたいなことを、
自信満々に書いてるのがいるけど、

これにはカラクリがあって、
「参考書を、”完璧に”こなしてください」
と言うだけ。

その参考書が、有名であればあるほど、使ってる人の中から、一定数の合格者は出るので、
合格者がでたら、「やっぱり、自分のやり方が正しい!」と自慢すれば良い。

逆に合格できなくても、”完璧に”なんて、定義が曖昧なので、
「あなたが、完璧にしなかったから」といえば良い。

インチキ宗教が、よく使う手口。 

極論すれば、「蛍光ペンは、オレンジを使ってください」
「鉛筆の芯は、2Bを使ってください」
でも良い。

使ってる人のなかから、合格者はでるし、
因果関係なんて、誰もわからないので、否定もされない。

さらにおかしいのになると、「多くの受験生がこのやりかたで…」「反響がたくさん!」
みたいなことを書き始める。

もうここまでくると、あっち系の人なので、近づかないほうが無難。

要は、自分の勉強方法を自慢したいだけ、
講師気分を味わいたいだけ、で、

自覚してやってる輩もいるけど、無自覚なのもいる。
そんなに自信があるなら、顔と名前を出してやりゃいい。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ