「ビジネスマネジャー検定」が、始まるらしい

00:28

なにやら、「ビジネスマネジャー検定」なるものが、今年から始まるもよう。
http://www.kentei.org/bijimane/

第一回の試験日は、2015年 7月19日で、
主催は、「ビジネス実務法務検定」と同じ、東京商工会議所。

偏見かもしれないけど、この手の検定物は、会社員が出世の為に、
周りとの差別化で、狙うものだろうし

生涯、自営業でやっていこうと決めている自分には、必要無いといえば必要無いのだけど、

今まで自営業でやってきて、あまりに、ビジネスの基本を知らないし、
自営業といっても、完全に個人事業なので、今後、人を使うときの参考になるかもしれないし、で、
ちょっとだけ興味あり。

試験日が7月なら、まだ、行政書士模試が始まる前なので、
申込みが始まる5月の段階で、余裕があるようなら、考えてみたい。

こういう検定も、会社員が、会社の指示で受けさせられる場合、プレッシャーがあるだろうけど、
自営業は、純粋に興味本位で、知識を得る為に受けられるのが、ありがたい。

なお、「マネージャー」じゃなくて「マネジャー」。 履歴書や職務経歴書で書くとき、間違えそうだね。

おっさんの暗記

18:20

 
高校生の発想ってすごい……修正テープを使った驚きの勉強法が話題に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150130-00000046-it_nlab-sci

よく思いつくなぁ…。
確かに、文字だけで書くより、頭には残りそう。 

あまり漫画は読まないのだけど、
好きな「ゴルゴ13」と「鬼平犯科帳」でやってみたら、面白そう。
こういう暗記用スマホアプリとかも、作ったら売れそうね。

 
で、今後の勉強の指針を考える。

あれだけ苦手意識のあった”行政法”と”民法”の択一は、
徐々に点が伸びてきているし、苦手意識も無くなってきてるので、

今年は、どうしても点が取れない”40文字記述”と、”商法・会社法”を、念入りにやりたい。

試験が終わった後も、長々と書いたけど、
昔から国語が得意なのに、行政書士試験の40文字記述となると、
どうも自分で書ける気がしない。

法学部出身でも無いし、このあたり、法律を学ぶうえでの基礎の基礎が、身に付いてないのだと思う。
なので、”法律の勉強の仕方”みたいな本を、手当たり次第、読んでみる。

 
後は、条文素読。 

考えてみると、40文字記述にしても、一から文章を作る必要は無いわけで、
問題文から、条文や要件を思い出し、その文言を当てはめれば良いだけ。

それを、難しく考えすぎてるのと、
暗記のやり方や、条文の覚え方にも、難が有るのだと思う。
昔から、単純暗記が苦手なので、そのあたりを克服する。

せっかく、もう一年、行政書士試験の勉強をすることになったのだから、
今年の勉強が、これからの法律の実力を飛躍的に伸ばす、足がかりになれば良いと思う。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ