講座 申込み完了!

19:34

自営業には厳しい経済情勢、かつ、我がお財布事情ながら、
思い切って、講座に申込み完了!

返す刀で、六法や、最低限の市販教材 (一問一答など)を、本屋で購入し、
「メンタルヘルスマネジメント II種」の申込みもした。
 
これで、勉強に使うべきお金は、ほぼ払ったので、
7月の「ビジネス実務法務検定」や、秋からの「行政書士 模試」が始まるまで、
しばらくは節約生活をしつつ、勉強に専念できる。

 
今年、合格してれば、講座に使ったお金 十数万も、他のことに使えただろうに、
自分の学習能力の低さに、ガッカリしつつも、

1年目は、”自己流”の”独学”だったので、歯が立たなかったけど、
2年目で、やっと、土俵に上がれたかなと思う。

3年目の今年、なんとか、合格できるよう、最善を尽くす。

 
改めて見ると、模試の点数=本試験の点数 になっているので、
今年は、模試で、常に合格点が取れるレベルまで、持っていきたい。

ただ、勉強は、苦にならないのだけど、
この歳になると、残り時間を意識しなければならないのが、ツライね。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ

試験結果のハガキが到着。

06:19

 
試験結果のハガキが到着。
 
 

20150127214613

合計 146点。 あと 20点。

ということは、
・ 商法(0/5)で、あと2問
・ 文章理解(1/3)で、あと2問
・ 行政法(自動車免許を特許と間違えるケアレスミス)で、あと1問

で、合計5問取れてれば… 
あるいは、40文字記述が1問取れてれば…

 
なんて、捕らぬ狸の皮算用をしても、仕方ないね。
”救済措置”込みなら、あと20点だけど、本来、あと34点。 完全に実力不足。

現状で、行政法の基礎さえ、しっかり理解してるとは言えないので、
この程度で合格してたら、慢心しそうだし、再受験が妥当だと思う。 

(ちなみに、去年の点数は こちら

強いてプラス思考で考えれば、
難易度が上がったといわれる問題で、去年とほぼ同じ点数だったのだから、
前進はしているはず。

今年の勉強は、わからないところは、自分がわかったと納得するまで、
キッチリやっていくつもり。

 
 
そういえば、本屋に行って、いろいろと市販の参考書を見てきた。
買ったのは、メンタルヘルス2種のテキストだけで、行政書士関連は、まだ未購入なのだけど、

今年のLECの「合格基本書」は、”2ページの見開きで、1項目”の解説で、
すごく、わかりやすかった。

基礎知識の再確認用に、1冊持っておいても、良いのかも。

いつも思うけど、市販のテキストは、
色使いや、フォントの種類、文字サイズ、の、どれかがイマイチなのが大多数。

赤の多用や、色の使いすぎで、むしろ見にくくしてるものばかりで、
意外と、選択肢が少ないんだよね。 

内容がどんなに良くても、ひと目で「見にくい!」と思ったものは、使わないのだから、
せめて色合いだけでも、改善して欲しいなぁ。
人によって好みはあれど、”黒と青の2色刷り”が、落ち着いてて見やすいし、ベストだと思う。

なぜ、「色が多い=わかりやすい」という発想なのか。 
赤線くらい自分で入れるし、蛍光ペンを使おうものなら、何が重要か分からなくなるだろうに。

 
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ

残り285日しかない

06:40

結局、受験者数が減ってる現状で、
合格点を180点のままにすると、今年の合格率が激減してしまい、

来年以降も、受験者が減る可能性が高いから、
行政書士試験委員会が日和って、その場しのぎで、ルールを変更したってことだもんね。

今回の救済措置で、
「法律やルールに沿うべき仕事であるはずの、行政書士って、そんな曖昧な基準でなれてしまうのか」と思われるのが、
行政書士という資格に関わる人にとって、一番ダメージが大きいんじゃないかなぁ。

 
資格学校にしても、これだけ受験者数が減ると、
ある程度、不合格者を出してもらわないと、講座全体が成り立たないわけだし、

現状で、行政書士試験委員会は、
受験者数が減ることに臆病になるあまり、フェアに徹し切れなかった、という、
後味の悪さが残った。

救済措置が、4~8点ならともかく、14点ってねえ…。

 
 
…と、あまり文句ばっかり言ってると、落ちた腹いせにケチつけてる、みたいになってしまうので、
気持ちを入れ替えて、勉強に集中したい。 もう、残り285日しか無い。

残り285日で、もし去年と同じ難易度の問題が出たときに、180点取れるか。
(ここで、今年みたいなことをやると、救済措置をアテにするから、ダメなんだよね)

そういえば、仕事のほうが、思ったより良い状況なので、1月中に、講座に申し込めるかも。

 
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ

合格点が、166点!?

15:05

今日が、行政書士試験の合格発表日。

予想通り、落ちてはいたものの、合否判定基準に驚愕の一文が。
http://gyosei-shiken.or.jp/hantei/index.html

2 合格基準点
次の要件をいずれも満たした者を合格とする。
(1) 行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が、110点以上である者。
(2) 行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が、24点以上である者。
(3) 試験全体の得点が、166点以上である者。

※ 本年度の合格基準は、試験問題の難易度を評価し、補正的措置を講じてあります。

なぜ、そんなことをするんだろう。
それなら、平成17年度の時みたいに、合格率が2~3%でも良いんじゃなかろうか。

落ちた俺が言うのも失礼だけど、それで合格と言われたって、素直に喜べない人もいるだろうに…。
悪しき前例を残したね。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ